40代 スキンケア

40代 シミができても諦めるのはまだ早い!しみを消す 薄くする 目的のシミケア方法を紹介します

更新日:

40代 シミができても諦めるのはまだ早い!しみを消す 薄くする 目的のシミケア方法を紹介します
シミ体質

 

こんにちは♪

40代からの美容と健康のブログ【re-biyou40】の管理人【KYOU(きょう)】です。

今日は40代の肌悩みとして大変多い「シミをケアする方法」についてです。

年齢とともに肌トラブルや肌悩みは現れやすくなりますが、その中でも多くの方から「どうにかしたい!」と思われているのが、シミです。

一度できてしまうとなかなかケアするのが難しいのは確かですが、正しくケアしていくことでシミを薄くすることが可能になります。

そして、シミができる前にきちんと予防しておくことで将来の肌悩みの種をひとつ消すこともできます。

40代が覚えておきたいシミについての知識を解説しますので、ぜひシミケア(しみの予防と改善)に役立ててください。

 

 

シミのケアは種類に応じて異なるもの

シミ、と一言で言われてしまいますが、実はシミにはいくつかの種類があり、それによって行うべきケアも違ってきます。

セルフケアで効果を得られるものとそうでないものがありますので、一度自分の肌にあるシミの種類を確かめてからケアを行うようにするのが良いでしょう。

 

セルフケアできるシミの種類は?

「老人性色素斑」

これは、紫外線を浴びたことが原因でメラニン色素が生成され、肌に定着したシミです。

シミの中では最も多い種類のものだと言われており、早ければ20代後半ごろから頬骨などの日光に当たりやすい部分にうっすらとできはじめます。

初期段階であればセルフケアでシミを薄くすることができますので、シミに気付いたら早めにケアを始めるのが良いでしょう。

 

「炎症性色素沈着」

ニキビ跡、傷跡といった部分が炎症を起こすことにより色素沈着になってしまったもので、色が次第に濃くなっていくという特徴があります。

また、直射日光に当たることでシミが消えにくくなることもあるので、日焼け対策を行ってください。

美白成分が有効ですのでスキンケアで改善することができますし、ターンオーバーを促すことも有効な手段だと言われています。

 

「肝斑(かんぱん)」

「肝斑(かんぱん)」は、30代から40代の女性、妊娠中といった女性ホルモンの乱れが起こっている女性に現れるシミです。

頬骨周辺にシミが左右対称にできている場合は「肝斑(かんぱん)」となります。

女性ホルモンの乱れが落ち着くと消える、ということもあるようですが、気になる場合は美白効果を持つアイテムのほか、メラニン色素の生成を抑える内服薬を使ってケアしていくことになります。

 

セルフケアでは消えないシミの種類は?

「そばかす」

雀卵斑とも呼ばれ、頬に小さなシミが散らばったようなかたちで発生します。

これは遺伝でできるものだと考えられており、美白ケアはあまり効果的ではありません。

そばかすを消すためには美容クリニックに行くしかありませんが、そばかすを濃くしないためには日焼け止めを毎日使うのが良いと言われています。

 

「脂漏性角化症」

見た目はイボに似ていますが、シミの仲間です。

良性の腫瘍であるとも言われ、主に高齢者にできています。

老人性色素斑と同様に紫外線を浴びたことでできるものですが、美白効果を持ったアイテムでのケアでは対処できず、医療機関で治療を受けなければなりません。

 

「花弁状色素斑」

こちらも紫外線が原因でできるものですが、シミの形が花びらに似た形でできるという特徴があります。

顔はもちろん、首や腕、肩にもできます。

花弁状色素斑ができやすいのは、強い日差しを直接浴びることが多い海、スキー場に行く機会が多い人だと言われていますので、海水浴やスキーに行く場合は念入りに日焼け止めを塗っておきましょう。

こちらも、医療機関でのケアを受けなければ改善は見込めません。

 

 

セルフケアで消せるシミをケアしよう!

老人性色素斑、炎症性色素沈着、肝斑は美白化粧品でケアしていけますので、効果的にケアしていけるようにポイントを覚えておきましょう。

ただし、シミケアの効果は数日程度で出てくるものではありません。

数か月程度かかることを念頭に、腰を据えて取り組みましょう。

 

シミに効果的な成分が配合されたスキンケアを行う

基本中の基本ですが、これが大切なことです。

スキンケアアイテムを選ぶ際、配合されている成分が美白効果を持つかどうかを確かめてから選ばなければ、シミを効果的にケアしていけません。

成分ごとに、できたシミをケアするのか、これからできるシミをケアするのか、という特徴が異なりますので、自分がどんなふうにシミをケアしていきたいかで成分を選ぶと良いでしょう。

ちなみに、シミに効果的な成分として有名なのは「ハイドロキノン」という成分です。

しかし、肌が敏感な方にとっては刺激になりかねないものですので、注意が必要です。

敏感肌であれば「アルブチン」が安心して使える成分として勧められます。

そして、できたシミのケアとこれからできるかもしれないシミのケアの両方を行ってくれるのが「ビタミンC誘導体」です。

また、「トラネキサム酸」は肝斑に効果的です。

 

一年を通して紫外線対策を行う

美白化粧品と同様に大切なのが、紫外線対策です。

老人性色素斑の原因となるだけでなく、他の種類のシミの色を濃くしたりする力を持っているため、注意して過ごしたいものですね。

日焼け止めは真夏にしか使っていない、という場合はシミができやすい状態を作っています。

夏以外でも紫外線は地上に届いていますので、日焼け止め効果を持つアイテムを使ってUVカットを行いましょう。

数値が高いものでなくても効果は十分に得られますので、自分の肌に負担にならないようなものを選んでください。

近年は日中用美容液として発売されている日焼け止めも増えてきました。

美容成分配合のものを使えば、日中の肌をケアすることもできますのでおすすめです。

 

シミに効果的な食事を意識する

実は、食事からもシミをケアしていくことができます。

おすすめの栄養素は以下のものです。

「ビタミンC」

美白化粧品にも配合されるビタミンCは、食べ物から摂取することも推奨されています。

抗酸化作用、ターンオーバーの促進、美白効果といったさまざまな効果が得られるので、日常的に摂取しておきたい栄養素です。

焼き海苔、アセロラ、パセリ、パプリカ、キウイなどの食材に含まれています。

 

「タンパク質」

肌を作るために必要となるタンパク質が不足していると、健康な肌は作れません。

肉、魚、大豆といった食材をバランスよく食べましょう。

この他には、リコピン、ビタミンB、ビタミンE、エラグ酸もおすすめです。

毎日決まった量を確実に摂取したいという場合にはサプリメントを活用してみてはいかがでしょうか。

 

睡眠時間もシミケアには重要

ゴールデンタイム、という言葉を聞いた事がありませんか?

これは、成長ホルモンが分泌されやすくなる時間帯のことで、22時から翌2時までの間だと言われています。

22時に就寝することは少々難しいかもしれませんが、早めに就寝することで肌のターンオーバーをきちんと行わせる手助けとなります。

ターンオーバーが行われると、シミのもとであるメラニン色素が排出されるようになりますのでシミケア、予防に効果的です。

 

 

シミを作らせないために気を付けたい日常の行動

過度なスキンケアは逆効果!

シミを消したい、作りたくない、という気持ちからたくさんの化粧品を使ってケアをするのは肌に負担をかける行為です。

化粧水、美容液、乳液、クリームという定番のアイテムを使ってきちんとケアをしていくだけでも十分ですよ。

また、コットンが毛羽立つほど肌を擦るのも刺激と摩擦を与えてしまうので、肌に触れる際は優しく、ということを覚えておきましょう。

 

健康的な生活がシミ予防に繋がる

栄養バランスのとれた食事、質の高い睡眠、運動、この3つは健康維持だけでなく、シミのない肌を作るために効果的です。

スキンケアを頑張ってもシミが消えない、肌荒れが治らない、という場合は日頃の生活習慣を見直すと良いかもしれません。

 

 

シミ対策は早めのケアが大切!

20代後半から30代前半にかけては肌が変わり始める期間です。また、40代は肌に溜まっていたメラニンがシミとなって肌に出てきてシミに悩むことが多い期間です。

もしもシミができてしまった場合にはここで紹介したような点に気を付けながらケアを行ってみてください。

どうしてもシミが消えない、今すぐシミを消したい、という場合には医療機関を受診してレーザー治療を受けるという手段もありますが、まずは自分にできるケアをきちんと行ってみましょう。

 

 

-40代 スキンケア
-, , , , , , , , ,

Copyright© 40代からの美容と健康のブログ【re-biyou40】 , 2018 All Rights Reserved.