40代 オーラルケア

ビースマイル 口コミ 効果!薬用ホワイトニング歯磨きジェル 40代でも歯が白くなる歯磨き粉試してみた

更新日:

ビースマイル 口コミ 効果!薬用ホワイトニング歯磨きジェル 歯が白くなる歯磨き粉 試してみたクチコミ をブログで紹介しています
ビースマイル効果

>>今すぐ【ビースマイル】を見る

 

40代からの美容と健康のブログ【re-biyou40】の管理人【KYOU(きょう)】です。

40代になると歯が黄色くなってきませんか?

歯が汚くなると清潔感がなくなりますので40代だからこそ白い歯を保ちたいものです

そんな40代に最適なのが自宅で歯のホワイトニングができるキットです

 

自宅でできるホワイトニング 薬用歯磨きジェル「ビースマイル(びーすまいる)」で毎日のケアしよう

いつの間にか歯が汚れて黄ばみ、黒ずみが気になるときに行うのは歯科医院でのホワイトニングですが、忙しくて歯科医院に行く時間がない、ホワイトニングを受けるためには費用がかかるということで二の足を踏んでいる方も多いのではないでしょうか。

しかし、「ビースマイル(びーすまいる)」を使えばいつもの歯磨きでホワイトニングを行えるうえに、気になる虫歯と歯周病まで予防することができるため、ホワイトニングも口腔内のケアもきちんとしたいという方におすすめです。
歯が白くなる歯磨き粉「ビースマイル(びーすまいる)」の効果的な使い方もご紹介します。

 
 

ビースマイルで歯の着色汚れが落ちる?

薬用ホワイトニング歯磨きジェル「ビースマイル(びーすまいる)」の効果を表す言葉として「汚れが剥がれ落ちる」というものがあります。
「ビースマイル(びーすまいる)」で10円玉を磨いたら、見る見るうちに汚れが落ちて行ったということでも知られていますが実際にはどのような商品なのか紹介します。

歯が白くなる歯磨き粉「ビースマイル(びーすまいる)」は、添加物を使用していない無添加のホワイトニングジェルで、通信販売のみで購入できます。
現在はSNSやブログ等で口コミが広がっているビースマイルホワイトニングジェルが有名ですが、ビースマイルのマウスウォッシュ(洗口液)もあり、ホワイトニングジェルと併せて使用すると効果が高まると言われています。

 

使用方法は通常の歯磨き粉と同じ

薬用ホワイトニング歯磨きジェル「ビースマイル(びーすまいる)」は毎食後の歯磨きに使用する、という使い方をすれば効果を発揮します。
使い方は歯ブラシに適量を取り出して丁寧に磨いた後で、水かぬるま湯ですすぐ、というものですので正しい歯磨きの仕方を覚えていれば良いでしょう。

マウスウォッシュは、毎食後に使用する必要はありません。
使用の際は、10mlを口に入れて口腔内全体に行き渡らせるように意識して使いましょう。
歯磨きジェルと併用する場合には、最初にマウスウォッシュを使ってからジェルを使って歯磨きを行います。

 

ビースマイルの効果を高めるポイント

少しでも「ビースマイル(びーすまいる)」の効果を高めたいという場合は、使い方を少し工夫してみるのをおすすめします。
それは、薬用ホワイトニング歯磨きジェル「ビースマイル(びーすまいる)」で歯を磨く前に「下磨き」を行っておくこと。
歯の隙間や表面にある食べかすや汚れをあらかじめ除去しておくと、ビースマイルを使った際に有効成分がスムーズに口腔内に広がり、効率的にホワイトニングが行えるようになります。
時間に余裕を作りやすい夜だけでもこの方法で磨いてみると良いかもしれませんね。

 
 

ホワイトニング効果を発揮する成分

汚れを除去する:ポリアスパラギン酸Na

これは、歯の表面に付着している汚れを吸着し、包み込んで除去する効果を持つ成分です。
一度除去した汚れが再び歯に付着しないように、しっかりと包み込んでくれます。
アミノ酸ですので体に対して悪影響を及ぼすことはありません。

 

汚れが再び付着するのを防ぐ:リンゴ酸

リンゴ酸は、ポリアスパラギン酸が汚れを除去した後、再び汚れが付着してしまわないようにしてくれる働きを行います。
口の中を清潔にする効果も持っており、汚れはもちろん、歯や歯茎に存在する雑菌に対しても効果的な弱酸性です。

 

歯と歯茎を健康にする:ビタミンC

口内の健康のために、ビタミンCが活躍します。
年齢とともに歯周病などの口腔内のトラブルが発生しやすくなりますので、ビースマイルを使って予防できるのは嬉しいですね。
しかも、ビタミンCにも汚れを除去する力がありますので、口内の健康と清潔さを保つためには欠かせない成分だと言えます。

 

口腔内をさわやかに:GTO

ウーロン茶を使用して抽出したエキスと、ホップを使用して製造されたGTOという成分は、不溶性多糖類合成酵素、という口内の健康を害する成分の働きを阻害するという効果を持っています。
これは、口内のトラブルの初期段階を予防するために注目されている新成分で、口内をさわやかにしてくれる効果もあります。

 

歯周病予防をする:アラントイン

抗炎症作用を持ち、歯茎の傷を治すサポートをする成分であるアラントインもビースマイルの中に配合されています。
歯茎が下がってきた、腫れる、炎症が起こっている、という場合に、それらを抑制する効果も期待できます。
歯周病は全身の疾患につながる恐ろしいものですので、なるべくケアしておきたいですね。

 

雑菌を減少させる:シメン-5-オール

雑菌は食べかす以外にも、口内にある古い細胞、唾液が分解されることで発生します。
しかし、「ビースマイル(びーすまいる)」にはシメン-5-オールが配合されているため、これら分解がもとで発生する雑菌の数を減らす効果があります。
雑菌を減らす、と聞くと効果が強そうに思えますが、人の皮膚に対しての刺激は非常に優しくなっていますので心配の必要はありません。

さらに 歯が白くなる歯磨き粉「ビースマイル(びーすまいる)」の中には、植物をもとに採取したチャエキス、コウチャエキス、ウーロン茶エキス、シャクヤクエキス、カンゾウエキス、オウゴンエキスという6種類のエキスが配合されているほか、ステビア、キシリトール、メントールが配合されています。

 

ビースマイルを使って副作用は出るのか

「ビースマイル(びーすまいる)」に使用されている成分は、全て天然由来のものです。
研磨剤、防腐剤、石油系界面活性剤といったものは配合されていませんので、歯磨き粉選びにこだわっている方にもおすすめです。
また、「ビースマイル(びーすまいる)」はGMP認定基準をクリアした工場で生産されているうえに、医薬部外品として認定されていますので副作用が起こる心配はかなり低いでしょう。

ただし、体が敏感になりやすい妊娠中、授乳中にビースマイルを使用する場合にはまず主治医に相談してから使用しましょう。
天然成分に対してアレルギーを持っているという方も注意が必要です。
自分がアレルギー反応を起こす成分が入っているか、成分表示を確かめてから「ビースマイル(びーすまいる)」を購入してください。
そして、「ビースマイル(びーすまいる)」の中にはアルコールがありますので、6歳以下のお子様にビースマイルを使用させないようにしてください。

 
 

ビースマイル 口コミ

薬用ホワイトニング歯磨きジェル「ビースマイル(びーすまいる)」でどんな効果が得られるのか口コミが知りたい!という方のために、ビースマイル 口コミについて紹介しますね


「着色汚れが気になって、写真撮影の際は口をぎゅっと閉じていました。
歯医者さんでホワイトニングをしようと思ったのですが、費用が意外と高くてまずはビースマイルを使ってみることに。
歯磨きのときに使うだけなのに着色汚れが落ちて、今では写真撮影のときも思い切り笑えます」

「ヘビースモーカーなので歯が黄色くなってしまい、どうにかしたいと思ってビースマイルを使い始めました。
少しずつ歯の色が落ちて、口臭も抑えられてきたと思います。
毎日の歯磨きでここまで効果が出るとは思っていませんでした」

「自宅でホワイトニングができるという言葉に惹かれて、ビースマイルを購入。
3週間経った頃に、以前よりも歯の白さが分かるようになってきました」

「歯医者さんでホワイトニングを受けた後にビースマイルを使うと、歯が白い期間が伸びるような気がします」

 

ビースマイルの効果が出るまで

ビースマイルの効果の現れ方には個人差があります。
早ければ2週間程度でホワイトニング効果が出てきたと言われる方もおられますが、中には1か月使ってやっと効果が分かったという方もおられます。
ビースマイルの効果は、口内の状態にも大きく左右されますのでまずは1本ぶんしっかりと使用してみるようにしましょう。

歯の着色汚れを落とすためには、歯ブラシを歯に対して直角に当てて磨くようにすると効果が出やすくなりますので、意識して行ってみましょう。
磨き残しがないように丁寧に一本一本歯をブラッシングしてください。

歯磨きを行うのは、食後30分以内がベストです。また、歯間ブラシを使って歯の隙間に入った食べかすを取り除いておくと、歯石が溜まるのを防いで歯周病や虫歯予防にも効果的です。

 
 

ビースマイルで自然な白い歯を手に入れよう

毎日の歯磨きでホワイトニングをすることで、徐々に歯が自然な色の白さになっていきます。
思い切り笑って、写真映りも気にしないようになると表情も豊かになって明るくなっていきます。

薬用ホワイトニング歯磨きジェル「ビースマイル(びーすまいる)」はホワイトニング以外にも、口臭や歯周病予防もできる万能アイテムですので、ぜひ一度ビースマイルで歯磨きを行ってみて下さい。

 

\公式サイトはこちら/
↓  ↓  ↓

 
 

-40代 オーラルケア
-, ,

Copyright© 40代からの美容と健康のブログ【re-biyou40】 , 2019 All Rights Reserved.