40's Beauty!40代 キレイ・元気・若返り あれこれ 口コミ

40代のキレイ(美容)と元気(健康)アイテムを試して口コミを紹介しています

美肌の効果を期待できる 美容マスク マスクを使う際に気を付けておきたいポイント

投稿日:

マスク の 美容、美肌 効果メリット デメリット

マスク美容効果

マスク使ってますか?肌を綺麗に保つためのコツを覚えて上手にマスクを使いましょう。

風邪やインフルエンザが気になる冬、花粉が気になる春、町を行く人々の多くはマスクを付けていますね。マスクをする習慣がない海外から見ると驚きの光景だという話も聞きますが、自分の健康を守るためにもマスクを付けている人はかなり多いようです。

また、女性の中には健康以外にも美肌の効果を期待できる“美容マスク”というものを着用している方もいます。目の下から口元までカバーできるため、メイクが楽になるという話も聞きますが、実はマスクは良いことばかりではありません。
マスクを使う際に気を付けておきたいポイントについて解説しますので、これからマスクを使う方はぜひ役立ててください。

 
 

マスクを付けることのメリット

お肌の乾燥を防ぐ

乾燥はお肌にとって脅威となる存在です。かさつくとメイクのノリも悪くなりますが、それよりも深刻なのは肌バリアの低下です。肌を守るバリアの力が弱まってしまうと、細菌が繁殖しやすくなってニキビができやすくなったり、シミができやすくなったりします。
とくに冬場は空気が乾燥しやすくなるうえに、暖房の効果などで余計に乾燥しやすい状態になってしまいます。
しかし、マスクをすると自分の吐き出す息によって、マスクをしている部分の湿度は高い状態を維持できます。マスクは頬の部分もカバーしますので、乾燥しやすい部分を常に守っておけるというメリットを得られますね。

外的刺激からもガードできる

外的刺激とは、ほこり、雑菌、紫外線、ダニ、気温といったものです。ひとつひとつの影響力はさほど高くはありませんが、あまりにも強い刺激を受けると肌バリアがダメージを受けてしまうこともあります。
そのため、マスクをしておくとあらかじめ外的刺激から肌を守っている状態となり、肌が健康な状態を維持しやすくなります。

肌に触れる機会を減らす

仕事中や勉強中に手持ち無沙汰になると、ついつい顔に触ってしまう。そんな方もいらっしゃると思います。とくにニキビができているときはいじってしまいがちですよね。しかし、手を洗っていない状態で肌に触ると、パソコンのキーボードやスマートフォンから手に移ってきた雑菌をそのまま顔に移動させているのと同じことです。
ニキビができている部分に新たな雑菌が付着することで症状が悪化してしまう可能性もありますので、なるべくなら触らない方が良いのですが、無意識のうちにしてしまうこともありますね。
そういったことを防ぐためにもマスクをしておくと、顔に触れる回数も自然と減りますよ。

 
 

マスクを付けることのデメリット

肌に擦れて刺激を受ける

朝から夜までマスクを付けていると、肌に触れている部分がかゆくなったことがありませんか?それは、マスクによる刺激が原因です。また、耳の部分が痛みを感じることもあります。
大きすぎるサイズのマスクを使うと雑菌が侵入してくるのを防げなくなりますが、きつすぎるものを使うと使用中に不快感を覚えることもあります。お肌が弱い方はとくに刺激を受けやすいため、自分に合ったものを探すことが必要になります。

ニキビができやすい人は注意

マスクによって湿度を保てるのは肌のためには良いのですが、一歩間違うと細菌の繁殖につながります。
ニキビを隠したいから、という理由でマスクをつけたせいで治りが悪くなることも考えられますのでニキビができやすい人、すでにニキビができている人はアクネケアにも力を入れてください。

衛生状態が悪くなることも

長時間マスクを付けていると、マスクの内側には目に見えない汚れが付着します。
その正体は自分の唾液の中に潜む細菌なのですが、不衛生な状態になってしまったマスクを使い続けていると肌荒れの原因になりますので、使い捨てマスクはこまめに取り変えるようにしましょう。
また、風邪を引いている場合はマスクの内側に風邪のウイルスが付着しています。繰り返し同じマスクを使うのは止めましょう。

敏感肌の人は素材に注意

ドラッグストアでよく見かける、1箱30枚入りなどの大容量パックは毎日マスクを使う人にとってはありがたいものですが、敏感肌の方はマスクの素材に注意して商品を選びましょう。化学繊維に対して敏感な方は、トラブルが起きる可能性もあります。

 
 

マスクを正しく使うために

上にあげたマスクを付けることのデメリットは、自分の心がけで防げることばかりですので、マスクを使って健康維持や美容効果を求めるのであれば気を付けておきましょう。
覚えておきたいポイントをまとめます。

同じマスクを繰り返し使わない

マスクは一見綺麗なように見えても、裏側には自分から出た汚れや細菌が付着していますし、外側にもほこりなどの汚れが付着しています。それらが付いたままのものを1晩おいて翌日にも使う…なんてことをしたらマスクをしていても清潔とは言えません。
使い捨てマスクは1日使ったら捨てましょう。1日使っただけで捨てるのがもったいないと思う方は、洗って繰り返し使えるガーゼマスクを使うのがおすすめです。
ガーゼマスクは子供が使うもの、というイメージがあるかもしれませんが、今では大人でも使えるようにデザインされたものもありますので、一度調べてみてはどうでしょうか。使い捨てマスクを複数買うよりもコストパフォーマンスが良いかもしれません。

口の周辺を清潔に保つ

飲食後は歯磨きをして口を清潔に保ちましょう。食べた後でそのままにしておくと口内の雑菌が繁殖してトラブルの原因となりますので、歯磨きができない場合でも口を濯ぐなどしてください。

素材も気にして商品を選ぶ

さきほども説明しましたが、敏感肌の方はとくにマスクの素材に気を付けてください。使い捨てマスクで素材にこだわったものはお値段も高くなりやすいので、そういった場合でもガーゼマスクを利用するのがおすすめです。
また、顔に触れる部分にコットンを使用しているものもありますので、自分に合った素材のマスクを見付けてください。

スキンケアのあとに使うと効果的

乾燥対策としてマスクを利用するのであれば、しっかりと保湿を行ったあとでマスクを使うようにすればより効果的です。冬は唇の乾燥が気になる方も多いと思いますが、リップクリームやリップバームを塗った後でマスクをすると、高い湿度と相まって唇の乾燥が全く気にならなくなります。
リップクリームなどを塗りすぎると唇がテカテカしてしまいますが、マスクをすれば周囲に気付かれることもありませんので、真冬のリップケアとして男性にもおすすめの方法です。

 
 

正しくマスクを使って健康と美肌を維持しよう

使い方ひとつで肌トラブルを招いてしまう原因ともなりえるマスクですが、こまめに取り変えることでトラブルになる可能性は0に近くなりますし、歯磨きやスキンケアにも気を付けることで効果はかなり現れやすくなります。
一年を通してマスクを付けている人もいるようですが、健康維持や美肌のためにはマスク以外のことにも気を配ることが大切です。
マスクを付けているということで気を緩めないようにしてくださいね。

 
 

-40代 スキンケア
-,

Copyright© 40's Beauty!40代 キレイ・元気・若返り あれこれ 口コミ , 2018 All Rights Reserved.