40代 健康食品

酵素の効果 酵素ドリンクやサプリメントで効率よく摂取しましょう

投稿日:

最近よく耳にする「酵素」、どんな効果があるのか徹底解説します

近年、健康食品やダイエットサポート食品に配合されているようになり、商品のパッケージなどでも酵素という言葉を見かけるようになりました。
酵素の効果は、美容、ダイエットからアンチエイジングまで幅広く、女性から注目されている成分だと言えるでしょう。

しかし、実際に手に取るまでには「どんなものなの?」「効果は?」「どうやって摂取すれば良いの?」という疑問をクリアしておきたいですよね。
ここでは、酵素について詳しく解説します。

酵素の効果

 
 

酵素とは何なのか?

酵素、という言葉で表されていますが、実は3つの種類があり、それぞれ効果が異なります。

消化酵素

その名の通り、食べ物を食べたり飲み物を飲んだりしたときに使われる酵素です。
消化酵素の中でも、タンパク質を分解するもの、脂肪を分解するものなど、かなり細かな種類に分かれて存在しています。

代謝酵素

体の中で消化、分解したエネルギーを使う際に、同時に使われるのが代謝酵素です。
代謝という言葉は、体内に摂り込んだ栄養を変化させて身体の活動に利用する、古くなったもの、老廃物を排出するという働きを示す言葉です。
運動で代謝酵素が使われるのは想像しやすいと思いますが、呼吸をするだけでも代謝酵素は必要になりますし、思考するということでも代謝酵素は利用されています。

食物酵素

食物酵素は、消化酵素と代謝酵素とは少し違うもので、食べ物から摂り入れることができる酵素のことを指します。
酵素は私たちの体の中で生み出されるものでもありますが、食物に含まれる酵素も体のために大切な存在です。
どのような食べ物に含まれているかというと、生野菜や果物です。
生野菜、フレッシュフルーツが消化に良いと言われるのは、酵素が豊富に含まれているからです。

 
 

酵素を摂取することで得られる効果

美容効果

肌の生まれ変わり、新陳代謝を表すターンオーバーという言葉を聞いたことがある方は多いと思います。
ターンオーバーは意外と乱れやすいもので、ニキビなどの肌トラブルを起こすことがありますが、これには酵素が関係していると言われています。

酵素を十分に摂取しておけばターンオーバーが正常に行われることになり、綺麗な肌を維持できるかもしれないと思うと、酵素に対する興味が高まりますね。

さらに、便秘が原因の肌荒れも酵素で解決できるかもしれません。
酵素は消化活動に関係するものですので、食べ物を消化して排出するためにも酵素は重要な鍵を握っている存在なのです。

免疫力を向上させる

免疫力が低下していると、季節の変わり目に風邪をひいたり、一度体調を崩すとなかなか治らなかったりということがあります。
これを改善させる効果も、酵素は持っています。

不足していた酵素の量が回復して十分な量が体内にあると、病気になりにくくなるだけでなく、怪我の治りも早まることが期待できます。

ダイエットをサポートする

酵素は基礎代謝を上げるために効果的です。
「痩せやすい体になるためには、基礎代謝をアップさせることが大切」という話を聞いた経験がある方もおられるのではないでしょうか。

何もせずに過ごしている状態で、生命活動を維持するために使われるエネルギーのことを基礎代謝と呼んでいるのですが、このエネルギーの量が多ければ多いほど基礎代謝が高いということになります。
基礎代謝が高ければエネルギーを余すことなく使えるため、太りにくい体を手に入れることができると考えられています。

 
 

酵素を摂取できる食べ物

生の果実には酵素がたくさん

とくに酵素を多く含んでいる果物は、バナナ、キウイ、パイナップル、パパイヤの4つです。

「生のパイナップルを食べると口内が痛くなってしまう」という方もおられると思いますが、この口内の痛みもプロテアーゼという酵素に関係しています。

生野菜でおすすめなもの

大根、きゅうり、にんじんの3つが生野菜の中でも酵素が多くなっています。
大根にはでんぷんを分解してくれるアミラーゼという酵素が含まれていますし、きゅうりには脂肪を分解してくれる酵素が含まれています。
サラダにしても食べやすいのでおすすめです。

また、生で食べるのは少し難しいですがブロッコリーにも酵素が含まれています。
ブロッコリースプラウトにも同じように酵素が含まれているので、先に紹介した野菜を使ったサラダに、ブロッコリースプラウトを利用してみてはいかがでしょうか。

発酵食品もおすすめ

納豆には、ナットウキナーゼという酵素が入っていることが知られています。
ナットウキナーゼにはドロドロになった血液をもとの状態に戻す効果がありますが、このナットウキナーゼの他にも納豆の中には酵素が含まれていますので、酵素を摂取するためには積極的に食べたい食品です。

納豆が嫌い、という方はキムチやヨーグルトがおすすめです。
どちらも酵素を豊富に含んでいる発酵食品です。

手軽に酵素を摂取するなら、ドリンクやサプリメントで

生野菜、フレッシュフルーツ、発酵食品に含まれている酵素は多いとは言え、十分な量ではないこともあります。
手軽に十分な量の酵素を摂取したいと思われる場合は、酵素ドリンクや酵素サプリメントを利用するのが良いでしょう。

メーカーごとにさまざまな特徴を持ったものを発売していますので、配合成分や味など、自分の好みにあったものを見付けてください。

 
 

酵素を摂取するときのポイント

生のままで摂取する!

どうして酵素が生野菜やフレッシュフルーツからしか摂取できないのかというと、酵素は熱に弱く、加熱すると壊れてしまうからです。
酵素が耐えられる熱は、50度から60度程度です。
熱湯でボイルしたり、煮込んだりしてしまうと酵素は摂取できません。

生野菜とフレッシュフルーツを使ったスムージーが人気ですが、攪拌する際にミキサーやジューサーの熱で50度以上になると酵素が破壊されますので、スムージーを作る際に使用するマシンにも注意が必要です。
熱を発生させないスロージューサーがおすすめです。

切ったまま放置しない

食事を作る際、サラダは一番先に作っておいてしばらく放っておく、ということもあるかもしれません。
しかしそれでは酵素が減ってしまうことが指摘されています。
酵素を摂取するためには、切ってすぐに食べるということが必要になりますので、サラダを作ったり、フルーツをカットするということは食べる直前に行うのがおすすめです。

すりおろすと酵素の力はアップする

意外なことに、酵素はすりおろし状態にすると効果が高まります。
大根おろしは酵素の力を高めるためにかなりおすすめですし、フルーツをすりおろして摂取するのも良いでしょう。

ただし、切ったまま置いておくと酵素が減るのと同様に、すりおろした後も酵素は減りやすい状態になります。
すりおろした方がより酵素の減るスピードが早くなるということもありますので、すりおろしたらなるべく早く食べるようにしてください。

 
 

まとめ

酵素の持つ力について知ると、私たちにとって欠かせないものであるのと同時に、美容や健康を維持するためにも必要なものであることが分かります。
生野菜やフレッシュフルーツをたくさん摂取し続けるのは大変ですし、酵素を減らさないうちに摂取するのも毎日行うとなると少し面倒になるかもしれませんので、酵素配合のドリンクやサプリメントを使って効率よく酵素を摂取するのは賢い選択だと言えるでしょう。

 
 

-40代 健康食品
-, , ,

Copyright© 40代からの美容と健康のブログ【re-biyou40】 , 2018 All Rights Reserved.