40代 スキンケア

40代 洗顔料 洗顔石鹸 口コミ おすすめ 人気 ランキング

更新日:

40代 洗顔料 洗顔石鹸 洗顔フォーム 口コミ おすすめ 人気 ランキング
洗顔料

 

40代からの美容と健康のブログ【re-biyou40】の管理人【KYOU(きょう)】です。

肌のくすみ
肌の透明感が無い
肌がザラザラ
毛穴が目立つ
ニキビができる
肌が乾く

40代に多いこれらの肌悩み。

実は洗顔が原因かもしれません。

 

【re-biyou40】の管理人【KYOU(きょう)】も肌の汚れが取れ切れていないのでは?と思うことが多く、洗顔は色々使いました。

その中で40代に適した洗顔は「汚れ落ちはしっかりあるけど肌のうるおいは奪わない洗顔料」だと気が付きました。

40代にも満足できる洗顔料をまとめましたので参考になさってください

 

 

40代 洗顔料 洗顔石鹸 洗顔フォーム 口コミ おすすめ 人気 ランキング

ととのうみすと(トトノウミスト)

ととのうみすと 口コミ ファンファレ 毛穴 化粧水スプレー トトノウミスト 効果 通販 最安値 ブログ パッケージ

公式HP⇒鼻の黒ずみを落として肌を引き締めるクレンジングスプレー【ととのうみすと】

 

ととのうみすと(トトノウミスト)は毛穴洗浄、毛穴引き締め、美肌菌ケアができるクレンジングウォーター、ミストタイプの液体洗顔スプレーです

・毛穴洗浄
毛穴洗浄は純度の非常に高い超純水とマイナスイオンを豊富に含む高アルカリイオン水

・毛穴を引き締め
アーティチョーク葉エキスが開きがちな毛穴を引き締めます。

アーティチョーク葉エキスは肌のたるみや毛穴のたるみ、ターンオーバーの乱れや顔のシミ・くすみを引き起こすNF-kBの活性化を抑える働きが期待できます。NF-kBの働きにより、肌機能を正常に保つ効能が期待できる成分です。

・美肌菌ケア
ととのうみすとには65種類の植物酵素が配合されており、この植物酵素がお肌に存在する善玉菌である美肌菌をサポートすることでお肌の保湿力を高め肌を美しく整えます。

・無添加
ととのうみすと(トトノウミスト)は合成界面活性剤、香料、着色料、プロピレングリコール、アルコール、パラベン、鉱物油を使用していません。

肌が敏感、肌が弱い、肌が不安定な時でも安心して毎日使用することができます。

公式HP⇒鼻の黒ずみを落として肌を引き締めるクレンジングスプレー【ととのうみすと】

レビューはこちら⇒ととのうみすと 口コミ

 

「二十年ほいっぷ ver.2」

公式HP⇒くすみ用洗顔石けん『「二十年ほいっぷ ver.2」』

 

年齢を重ねるごとに、顔のシミやシワ、そしてキメの粗い肌、などの悩みが増してきますよね。

アンチエイジングの為に、シミやシワに効果のある化粧品を使っている方も、沢山いると思います。

実は、その気になるシミやシワも、くすみさえなくなれば、目立たなくなるんです。

肌がくすんでいると、肌の色が暗くなり、老けた印象になります。

実際に、女優さんがテレビに出る時に使われる女優ライトをあてると、肌の色が明るくなり、印象がガラリと変わりますよね。

そのような、くすみのない肌を作ってくれるのが、「二十年ほいっぷ ver.2」です。

 

「二十年ほいっぷ ver.2」は、超極小の弾力泡で、お肌のくすみをごっそりと取り除いてくれるんです。

気泡が小さい事には、メリットが沢山あります。

まずは、つぶれにくく、汚れを吸着したら洗い流すまで離しません。

そして、吸着面が大きいので、沢山の汚れを取ってくれます。

さらに、肌のキメまで入り込んで、肌の奥の汚れも吸着してくれるんです。

 

「二十年ほいっぷ ver.2」は、汚れやくすみを取ってくれるばかりではなく、肌に潤いも与えてくれます。

優れた栄養素や美容成分を含んだホエイの力で、潤いを保持してくれるんです。

くすみが取れるだけで、見た目にかなりの差が出て、若々しい印象に変えてくれる、

くすみ用の洗顔料です。

公式HP⇒くすみ用洗顔石けん『「二十年ほいっぷ ver.2」』

 

くろあわわ(どろあわわ)

黒いどろあわわ くろあわわ 口コミ 効果 最安値 クロアワワ 炭 洗顔石鹸 40代 毛穴のつまり パッケージ

公式HP⇒あの“どろあわわ”から『くろあわわ』が新登場!

 

女性なら一日の終わりにまずメイクを落として、それから洗顔をするといった人がほとんどだと思います。

でもちょっと待ってください!今使っている洗顔料で本当に一日で付着した顔の汚れ、果たしてすべて落とし切れているのでしょうか?ちょっとでも不安になった方は必見です!

黒いどろあわわ くろあわわ 口コミ 効果 最安値 クロアワワ 炭 洗顔石鹸 40代 毛穴のつまり 白と黒

どろあわわで有名などろ豆乳石鹸から衝撃の「くろあわわ」が登場!そのネーミングからして、え?黒いの?かえって顔が汚れちゃうんじゃ…なんて不安になっちゃいそうですよね。

でもそんなわけありません。この黒のチカラがすごいんです。

 

このくろあわわにはどんな黒成分が含まれているのかというと、ズバリ炭と泥なんです。

炭と泥には古い角質を含む汚れをしっかり吸着してくれる働きが期待出来るんです。

くろあわわにはやし殻活性炭と九州地方の天然泥炭が配合されているので、一日の皮脂汚れだけでなく古い角質汚れもごっそり落としてくれそうですね。

 

もうひとつ、このくろあわわのすごいところは洗顔後にお肌が乾燥しない点です。

豆乳発酵液プラスコラーゲンにヒアルロン酸、黒砂糖エキスの保湿成分が入っているので、汚れもスッキリ落とせて洗い上がりはしっとり。最高ですよね。

黒いどろあわわ くろあわわ 口コミ 効果 最安値 クロアワワ 炭 洗顔石鹸 40代 毛穴のつまり 容器

泡立て後に10円玉を乗せても落ちないほどのもっちり泡ができるくろあわわで、夜洗顔革命を起こしましょう!
 

公式HP⇒あの“どろあわわ”から『くろあわわ』が新登場!

レビューはこちら⇒くろあわわ 口コミ

 

マナラ モイストウォッシュゲル

公式HP⇒manara【モイストウォッシュゲル】

 

毛穴の汚れを落とすには毎日しっかり洗顔をすることが大切だといわれていますが、35歳から、特に40代になるとしっかり洗顔に気をつけなければなりません。

35歳前後を境に40代にかけて皮脂分泌量が低下します。

朝の顔はほとんど汚れていないのに洗顔をすると、必要な皮脂が取り除かれて乾燥肌になります。乾燥した肌は毛穴開きが目立ち、ガサガサで化粧のノリが悪く、シワができやすくなります。

35歳から、特に40代になると朝はごしごし汚れを洗い流す洗顔をしないほうがきれいに近づけます。

 

でも、水洗顔だけでは古い角質を取り切れないという方が多いです。

古い角質を取り切れない除去しないとごわつき、くすみが目立つようになります。

古い角質を除去しながらも潤いを残す朝専用の洗顔ゲルが「マナラ モイストウォッシュゲル」です。

洗浄成分ゼロで97、5%が美容液成分でできているから、潤いを保ちながら洗顔ができます。

 

「マナラ モイストウォッシュゲル」はほぼ美容液成分でできています。

「マナラ モイストウォッシュゲル」の考えでは朝の洗顔には洗浄成分は不使用です。

しかし、汚れが取れないわけではなく、「マナラ モイストウォッシュゲル」はカプセル化パパイン酵素とコラーゲンが不要な角質を浮かび上がらせ、美容液成分が浮いた汚れをからめとって落とします。

洗浄成分配合の洗顔料は必要な皮脂まで落としてしまいますが、洗浄成分を使用しないモイストウォッシュゲルは必要な皮脂は残して汚れだけ取り去ります。

 

「マナラ モイストウォッシュゲル」なら乾燥肌の40代でも潤いをキープしながら洗えば乾燥を防ぐことができ、乾燥による毛穴開きやシワなども予防できます。

公式HP⇒manara【モイストウォッシュゲル】

 

 

40代でも意外と知らない洗顔のあれこれ

40代と言えばもう長年メイクもスキンケアもやってきて、もうスキンケアのイロハは習得済。

全部わかっていますよ!という気持ちでいる方が多いかもしれませんが、慣れてしまったがゆえに洗顔の間違いをやっている人が多いのです。

 

やっている人は多い!?洗顔の間違い

・洗顔を行うとき、真っ先に頬を洗っている

・洗うときに力を入れて肌を擦っている

・すすぎは40度以上の熱めのお湯で行っている

・1日のうちに洗顔を何度も行っている

意外と気にしていない項目ばかりですが、これらのことを繰り返すと肌に刺激や負担を与え、皮脂を洗い流し過ぎることになります。

すると肌は傷付き、肌荒れを起こすことにつながってしまいます。

 

傷付いた肌はなかなか回復しない

洗顔で肌を乾燥させてしまっても保湿ケアを行えば問題なさそうに思えますが、保湿をして回復するのは皮脂膜だけです。

角質層にある細胞間脂質がダメージを負ってしまうと、肌を守るためのバリア機能が低下してしまい、回復するまでに数日から数週間という時間がかかってしまいます。

その期間は肌が外部刺激や紫外線に弱くなってしまい、肌荒れの悪化、乾燥の進行といったトラブルも起こります。

肌の調子が悪い、スキンケアをしているのに肌荒れが治らないという場合には洗顔方法を見直してみるのが良いかもしれません

 

 

洗顔方法を勉強しよう

美容のの為に洗顔料や洗顔フォームを変えたのに、正しい洗顔方法を行っていなかったために思ったような効果が得られなかったということがあります。

どんな洗顔料を使っても使い方が間違っていれば玉効果になることもありますので、正しい洗顔方法を習得するようにしてください

 

正しく顔を洗う手順

1.洗顔前に手を洗う
手に汚れがついていると、肌を傷付けることがあります。手を清潔な状態にしてから洗顔を始めましょう。

2.洗顔ネットなどで泡立てる
手で泡立てるより、ネットなどを使った方が簡単にきめ細かな泡を作れます。安価なものでも十分ですので活用しましょう。

3.洗うのはTゾーンから
顔のなかでも皮脂が多く分泌されるTゾーンから洗い始めます。顔と手の間にある泡で包むようなイメージで、指で肌を擦らないように注意しながら行ってください。

4.顔全体も同様に
次に頬を洗い、皮膚の薄い目元、口元もさっと洗います。目元や口元は泡を乗せるだけでも良いですよ。

5.すすぎは20回以上!
すすぐ際は、33度から36度のぬるま湯を使って、20回以上すすいでください。生え際やフェイスラインには泡が残りやすいので注意してくださいね。

6.タオルで水分を取る
すすぎが終わったら、タオルで顔を押さえるようにして水分を取り除いてください。ゴシゴシ擦ると、肌を傷付けてしまうかもしれません。

7.時間をおかずにスキンケアを行う
洗顔をした後は水分が蒸発しやすい状態です。洗顔後すぐにスキンケアを始めるくらいがベストです。

 

 

朝の洗顔料は肌質によって使用するかどうか決める

朝の洗顔問題、これは40代で迷っている方が多いのではないでしょうか?

20代のように夜寝て朝起きた時に顔に油分がないように感じていて、朝から洗顔石鹸で泡を立てて洗顔をする必要があるのだろうか?と迷いませんか?

子供や家族の食事の支度や朝の身支度が忙しく、ついつい朝から洗顔石鹸で泡を立てて洗顔をするのが面倒で水で洗うだけになっていませんか?

 

眠っている間はすっぴんなので汚れはつかない、というふうに思われるかもしれませんが、睡眠中にも汗と皮脂の分泌は行われています。

皮脂が常在菌に分解されると変性皮脂と呼ばれるものへと変化し、肌トラブルの原因になりますので、洗顔料を使って皮脂や汗を落とす方が良いでしょう。

しかし、乾燥肌の方は洗顔を行うことで乾燥を進行させることもありますので、洗顔料を使って泡立てて洗顔するのではなく、ジェルで洗い流したり、ふき取り化粧水を使用したり、といった洗顔をしても問題ありません。

朝にどの洗顔料を使うかどうかは、朝起きたときに肌がベタついているか、乾燥しているかで判断してください。

 

 

洗顔で美しい肌を作ろう

洗顔を正しく行うことで、40代でもシミやくすみのない肌をつくるサポートをすることができます。

毎日行ううちに適当になりやすい洗顔ですが、正しく顔を洗うことで40代でも美肌をつくることもできますし、肌トラブルを回避することも可能になります。

ここで紹介した洗顔方法は40代に限らず、すべての世代の男性女性にも応用できますので、覚えておいてくださいね!

 

 

 

 

-40代 スキンケア
-, , , , , ,

Copyright© 40代からの美容と健康のブログ【re-biyou40】 , 2019 All Rights Reserved.